最近よく聞く「AR」って何?

世界を拡張する注目の新技術「AR」

そもそもARって何?

そもそもARって何?

世界を「拡げる」技術

今最も注目を集めている技術

現在、IT業界で注目を集めているのが「AR」という技術です。ARは日々の生活をより楽しく、より便利にしてくれる技術であり、スマートフォンの普及によって身近なものとなりました。現実とCGを組み合わせることで様々なシミュレーションを可能とし、あらゆる業界で導入が進んでいます。

「AR」の意味とは?

ARは「Augmented Reality」の略で、日本語にすると「拡張現実」という意味です。画像や映像とCGを合成し、仮想空間を生み出す技術です。ゼロから生み出すのではなく、現実世界の情報に新たな情報を加えることで世界を拡げるというわけですね。例えば、スマートフォンのカメラで撮った映像にGPSの位置情報データとCGの映像を加えることで、実際には存在しないものを実在するかのように見せられます。スマートフォンのカメラを空に向けて星の座標を表示する、特定の画像にカメラを向けることで映像が浮かび上がるといったことが可能なんです。

スマートフォンの普及

ARは最初、パソコンで利用されている技術でした。しかし、最近はスマートフォンのスペックが大きく向上したことでパソコン以外のデバイスでもARを活用できるようになりました。人気のARアプリも次々に登場し、すでに多くの人にとって身近なものとなっていますね。ゲームなどのエンターテイメント分野だけでなく、医療などの分野でも導入が進められており、あらゆる場面で人々の生活を支えています。

「VR」との違いについて

ARと似たものに「VR」があります。混同している人もいるかと思いますので、ARとVRの違いについても確認しておきましょう。VRは「Virtual Reality」の略で、「仮想現実」という意味です。CGなどを活用して仮想の世界を作り上げます。有名なのは専用のゴーグルを装着して映像を楽しむものですね。空を飛んだり、海の中にもぐったり、ゲームの世界を360度の3D空間で体験できます。最近だとプレイステーションにVR専用のハードウェアが発売されましたね。これを使ってVRの世界を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。
ARはVRの一種です。大きな違いとしては「現実世界の情報を活用しているかどうか」という点です。VRはあくまで仮想現実を「ゼロから作り出す」技術です。それに対し、ARは現実世界の情報を基にして世界を「拡げていく」技術です。VRは「新しい世界に自分が飛び込んでいく」のに対し、ARは「自分の住む世界に新たな情報が追加されてく」というイメージですね。ARはゲームだけでなく、「部屋にこの家具を置いたらどうなるだろうか」「この洋服を着たらどうなるだろうか」といったことが可能なのです。

よく読まれている記事3選!

  • Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った場合のARアプリ開発の手順を紹介します。一見難しそうに思えますが、ここで紹介する手順をしっかり踏んでいけば案外簡単に作成できますよ。特に初めて挑戦する人にとっては必見の内容です。

  • ARを活用したアプリの実例

    ARを活用したアプリの実例

    AR技術を搭載したアプリはすでに様々な分野からリリースされています。例えば、幅広い層のユーザーから人気の「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」も、AR技術を組み込んでいるんですよ。

  • そもそもARって何?

    そもそもARって何?

    ARは「Augmented Reality」の略で、日本語にすると「拡張現実」という意味です。現実世界の情報に新たな情報を追加して世界を拡張することができる新技術であり、大きな注目を集めています。