AR技術は観光案内にも効果を発揮する

世界を拡張する注目の新技術「AR」

観光案内にも活きる!

観光案内にも活きる!

観光をより楽しくスムーズに

観光案内に欠かせない技術

AR技術が活きる分野として最近注目を集めているのが「観光案内」です。付近の観光名所を表示してナビゲーションしてくれたり、史跡についての音声案内をしてくれるなど、観光に役立つARアプリが次々に開発されていますよ。国内観光だけでなく、訪日外国人の観光にも役立ちます。英語の案内板を表示したり、名所へのナビゲーションをしたりなど、スマートフォンが必須になった時代の新しい観光案内の形として注目されています。

開発が積極的に行われている

最近は地域を上げてAR開発に取り組んでいる自治体も少なくありません。観光用のARアプリを使うことで史跡に当時の建物を浮かび上がらせたり、その土地のゆるキャラと一緒に写真が撮れるようになります。また、訪日外国人向けの実用的なARアプリの導入も進められています。日本は他言語の案内標識が少ないので、観光に来た外国人は困ってしまうことが多いです。そこで力を発揮するのがARアプリというわけですね。分かりやすい案内情報を提供することで、外国人は安心して日本観光を楽しめます。名所の情報や史跡の歴史について、英語で案内してくれるARアプリも登場しています。これならガイドがいなくても日本の歴史を学びながら観光することができますね。

どんな観光案内アプリがあるの?

観光案内のARアプリは基本的にGPSを活用しています。周辺の観光施設情報や店舗の情報を、GPSの位置情報を基にユーザーへ伝えます。これなら情報誌を片手に散策することもなく、身軽に観光を楽しめますね。地域でプロデュースされているものなら、地元の人が本当におすすめする名所を知ることもできそうです。こういった取り組みを強化することで海外からの観光客が増加し、街全体の経済も活性化していきます。
地域の観光案内アプリの実例として「歴なび多賀城」を紹介します。このARアプリを使うと、あの有名な松尾芭蕉と一緒に写真を撮れます。なかなか渋いですよね?SNSに写真を投稿することがルーティーンとなっている現代において、「映える」写真を簡単に撮れるのは嬉しいことです。

地域を支える技術になり得る

このように、AR技術を使った観光案内アプリの需要は年々伸びています。スマートフォンやタブレットが1つあるだけでこんなにスムーズに観光を楽しめる時代になるなんて、多くの人は想像していなかったことでしょう。地域としても町おこしや地域ブランドの認知度アップ、外国人観光客の誘致などに効果を発揮するAR技術への期待値は上がっていく一方です。今後、AR技術は地域の経済を支えていく要素の1つとなるでしょう。

よく読まれている記事3選!

  • Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った場合のARアプリ開発の手順を紹介します。一見難しそうに思えますが、ここで紹介する手順をしっかり踏んでいけば案外簡単に作成できますよ。特に初めて挑戦する人にとっては必見の内容です。

  • ARを活用したアプリの実例

    ARを活用したアプリの実例

    AR技術を搭載したアプリはすでに様々な分野からリリースされています。例えば、幅広い層のユーザーから人気の「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」も、AR技術を組み込んでいるんですよ。

  • そもそもARって何?

    そもそもARって何?

    ARは「Augmented Reality」の略で、日本語にすると「拡張現実」という意味です。現実世界の情報に新たな情報を追加して世界を拡張することができる新技術であり、大きな注目を集めています。