例としてAR技術を組み込んだ人気アプリを紹介

世界を拡張する注目の新技術「AR」

ARを活用したアプリの実例

ARを活用したアプリの実例

今人気のARアプリがコレ!

「ポケモンGO」

ARアプリで最もヒットしたものといえば「ポケモンGO」でしょうか。日本だけでなく世界中で配信されている大人気アプリですね。アプリを開いた状態で街中を歩くと、GPSの位置情報を基に作られた世界にポケモンたちが現れます。スマートフォン上に表示されたポケモンにボールを投げて捕まえるのはとても楽しいですよね。元々人気のあるゲームのアプリ版ということで、リリース直後から大きな反響を呼び社会現象にまで発展しました。

「Ingress」

ポケモンGOの開発に携わった会社のもう1つのオンライン位置情報ゲームが「Ingress」です。ユーザーはIngressエージェントとなり、2つの勢力に分かれて陣取り合戦をします。現実世界とSFのような世界観を融合したもので、ポケモンGOと同様に世界中のユーザーが熱中しています。もちろん日本でも人気がありますよ。

「ドラゴンクエストウォーク」

ポケモンGOの後を追うように登場したのが、こちらも大人気ゲームのARアプリ「ドラゴンクエストウォーク」です。ドラゴンクエストウォークでは最初に目的地を設定し、クエストを進めていきます。マップ上にはおなじみのモンスターが出現し、アイコンをタップすると戦闘が始まります。戦闘に勝利して経験値やアイテムをゲットし、主人公レベルのレベルを上げていきます。ドラゴンクエストは幅広い層から支持を得ているゲームなので、子どもと一緒に夢中になっている大人も多いようですね。

「SNOW」「Snapchat」

「SNOW」や「Snapchat」は写真データを活用したARアプリです。スマートフォンのカメラで撮影した顔を簡単に加工できます。これまでの技術では写真を撮影した後に編集ツールなどを使って加工しなければなりませんでしたが、これらのアプリはすでに加工された状態の顔を画面で確認しながら撮影できます。加工の種類も豊富で次々に更新されていくので飽きることもなく、若い世代を中心に人気がありますよ。

「かざすンAR」

産経新聞社がリリースした「かざすンAR」は新聞に動画ニュースを導入したARアプリです。紙面に掲載された写真にスマートフォンをかざすと、スライドショーや動画でニュースを閲覧できます。これにより、文字数の都合上掲載しきれなかった情報をより詳しく知ることが可能となりました。新聞に連動しているアプリということで、利用者の年齢層は若干高めのようですね。

「RoomCo AR」「IKEA Place」「GUCCI」「Lologem」

「RoomCo AR」や「IKEA Place」は画面上にCGの家具を表示させるARアプリです。これがあれば、実際に家具を置いた際のイメージをすぐに掴めますね。「GUCCI」や「Lologem」は画面上で靴やアクセサリーの試着ができるARアプリです。アクセサリーなどは実際に試着しなければ分からないことも多いですが、これがあればミスマッチを防げますね。

よく読まれている記事3選!

  • Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った作成方法と手順

    Unityを使った場合のARアプリ開発の手順を紹介します。一見難しそうに思えますが、ここで紹介する手順をしっかり踏んでいけば案外簡単に作成できますよ。特に初めて挑戦する人にとっては必見の内容です。

  • ARを活用したアプリの実例

    ARを活用したアプリの実例

    AR技術を搭載したアプリはすでに様々な分野からリリースされています。例えば、幅広い層のユーザーから人気の「ポケモンGO」や「ドラゴンクエストウォーク」も、AR技術を組み込んでいるんですよ。

  • そもそもARって何?

    そもそもARって何?

    ARは「Augmented Reality」の略で、日本語にすると「拡張現実」という意味です。現実世界の情報に新たな情報を追加して世界を拡張することができる新技術であり、大きな注目を集めています。